Home > 食べる > 久しぶりのソウルで鶏一羽

久しぶりのソウルで鶏一羽

福岡からはソウルも釜山も近い外国ですけど、どうしてもより近い釜山の方が気軽な感じがして、ソウルにまでなかなか足をのばせなかったのですが、今回ひさしぶりに友人とソウルに行ってきました!
目的はというと…入隊中のウリ・ヒョンジュンの面会…とはいかず...久しぶりのソウルで美味しいものを食べたい。ソウル初日の夜ご飯に、タッカンマリが美味しいと評判のお店、陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ(진옥화할매원조닭한마리/チンオックァハルメ ウォンジョ タッカンマリ)へ。
20160820-1471700036.jpg東大門駅近くのタッカンマリの専門店がならぶ「タッカンマリ横丁」にあって、その中でも一番人気のこの店。とてもそんな人気店があるところとは思えず、まちがったのでは?と不安になるような薄暗い路地を進むと、あかりの先に人影が…。夜の9時過ぎとはいえまだまだ暑い中、たくさんの人がこの店の座席待ちしてたのです!レジで何人かを伝えると番号が割り当てられ、店の入口の電光掲示板にその番号が出るのを待つというシステム。大学病院とかの薬待ちみたい…。
20160820-1471700062.jpgメニューはとにかくタッカンマリしかないので、席につくとすぐに洗面器(あるいは洗い桶)のような鍋がコンロに置かれます。スープに鶏一羽とネギが入っただけのシンプルな鍋。私たちは3人だったから鶏は一羽で十分だけど、じゃがいも(カムジャ)とトッポギ(トッ)を追加。店の一角に置いてある白菜キムチは自分たちで好きなだけ持ってくるシステムです。鍋があったまるまでキムチをつまみにビールを一杯と思って食べてみたら、これがすっぱくてとてもこれだけでは食べられない。このキムチは鍋用ですね。

鶏はお店の人が頃合いをみてはさみでバチバチ切ってくれます。
20160820-1471700051.jpg
醤油、酢、唐辛子やニンニクなどの薬味タテギで自分好みのタレをつくったら、あとはひたすら鶏を食べる!シンプルなんだけど、後をひくんですよね。日本のポン酢で食べる水炊きと似てるようでまったく違う…。真っ赤なタテギは見た目ほど辛くなくうま味が凝縮していて、これがおいしさのポイントなのかなと。テーブルにはゆるめに溶いたマスタードが置いてあって、これを入れるとさっぱりしてまた食欲が増します。
〆には麺(ククス)を。乾麺でしたが、これをそのまま鍋に投入。チキンスープを吸った麺を同じタレにつけていただきます。ぬめりが出るので麺の追加はダメらしいので最初に考えて注文してくださいねー。
となりの韓国人カップルが鶏を食べる合間に鍋から直接それぞれのスプーンでスープをすくって飲んでいて、味がついてるわけでもないのに?と不思議に思って、気になって真似してみたら…これがおいしい!薄味の上質なチキンスープ。これを飲まないのはもったいないってもんです。
3人で鶏一羽...おなかいっぱい。ビールもたっぷり飲んで、3人分が5000円しないんだから、安いですよね〜。あーまた食べたい!

Home > 食べる > 久しぶりのソウルで鶏一羽

Search
Feeds

Page Top